パソコン整備士協会主催   
ユーザー向けスキルアップ研修
『大事なファイルやデータとユーザー管理講座』
                  のお知らせ


■ 開催概要

・Word、Excelなどのデータ作成中に予期せぬパソコントラブルでデータが失われた
 とき、どうしていますか
・他人に見られたくないファイルやフォルダはどうやって管理していますか
・パソコンで制作したデータや、思い出写真などの大事なファイルの管理はできて
 いますか。

 パソコンはデータの宝庫です。常にどこにどう保存しているのか理解していますか。
 いつ何時、パソコンの故障や間違った操作などで、そのデータを失うかもしれません。
 このコースでは、パソコンに内在するプライベート、機密データを管理する
 手法を学びます。

1.ファイル・データおよびディレクトリ構造を学ぶ

アカウントのユーザー権限を学ぶ

フォルダ、ファイル、ディレクトリの構造を学ぶ

拡張子、隠れたフォルダ、アクセス権限などを学ぶ

Windowsパソコンにおける利用できるフォーマット形式

利用しているソフトの管理(ライセンス、メディア)

2.ユーザーファイルやフォルダの作例実技

ファイル、フォルダ操作、ユーザーとその権限の確認や、変更・追加 バックアップ、リストア、リカバリー、コピーなどを学ぶ

利用ソフトのプロダクトキーを調べる方法を学び、管理する

そのほか、隠しフォルダの設定や、ファイルのコピー操作など便利コマンドを実技で学びます。

3.データトラブル事例から自分でも確認できる操作実技を学ぶ

データが消えた、読めない、行方が分からない/Office利用中に応答なしになった
際のデータ救済などの事例から、ファイル捜索の実習と作成中データの救済を

実技で行います。

4.未然防止対策の習得

簡単にできるツールを使った未然防止策


 ※内容は一部見直すこともあります。

■ 開催日時、会場

2016年2月24日(水)
10:00〜17:00
東京会場
東京都千代田区神田錦町1−7−3 錦町一丁目ビル
IPイノベーションズセミナールーム【予定】

会場へのアクセス

■ 受講料

パソコン整備士協会会員:15,000円(税込)
一般(会員でない方) :20,000円(税込)


■ 参加対象者

パソコンのトラブルサポートや修理業務、ヘルプデスク、企業の情報システム部門等、コンピュータ関連業務に携わる方。
あるいは、それらの仕事を目指されている方。

■ 講師略歴

旧株式会社CSKにて、PS55を始めとするIBM社製パソコンの企業向け修理及び、技術指導の業務に従事。
日本ヒューレット・パッカード株式会社にて、企業向けパソコンのリモートサポート業務に従事、企業向けサーバのリモートサポート部門 マネージャー。
大手老舗BTOパソコンメーカーにて、修理センター責任者、法人向け訪問サポートのテクニカルマネージャー。
現在、IT関連企業 取締役

■ 開催に関しまして

定員に達した時点で締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。
開催が決定しましたら、受講料お振込みのご案内を送信致しますので、暫くお待ちください。
開催決定前のお振込みはご遠慮ください。


■ お申込み方法

以下の事項をご記入の上、npopc@pc-seibishi.orgまでメールにてお申込みください。
 ・件名:2016年2月24日(水) 大事なデータやファイルの管理とユーザーアカウントの設定講座(東京)
 件名を必ず明記ください
 ・会員番号 (パソコン整備士協会の会員でない方は「一般」と明記ください)
 ・氏名
 ・住所
 ・電話番号(日中ご連絡がとれる番号をお願いします)
 ・メールアドレス(ご入金確認後、受講票を添付しお送りします)
 整備士よりご紹介された方は以下追記をお願いいたします。
 ・整備士会員の氏名
 ・整備士会員の会員番号


■ お申込み締切

2016年2月15日(月)

■ お問合せ先

パソコン整備士協会 TEL:03-5577-6182
(平日9:00〜17:00)






PAGE
TOP